0615408 English Here

 最近の記事
 最近のコメント
 カテゴリーアーカイブ
 月別バックナンバー
Event Announcement Area.

HOME


Project Carsを買い直したよ


ナムコの父、中村さんのご冥福をお祈りします。


 というわけで、「Project Cars」を買い直したというお話。パブリッシャーがバンナムさんだったのでってわけでもないですが、2015年5月に発売になった海外版のメディア版を買ってからしばらく遊んでましたが、いつしかDLCも落とすことなく起動することも無くなっていたんですが、先日始めた「DiRT RALLY」に触発されてしまい、ストイック系ゲームで自分イジメがしたい衝動に駆られたというわけ(笑)
 で、PS4で唯一のメディア版なこいつ・・・。なんとなくPS4になってからダウンロード版に徹するようになっていた自分的にはこのメディアだけがずっと気になってたこともあり、ちょっとDL版を調べてみました。

 だいぶ遅れてリリースされた国内版(絶対国内版は出ないと読んでたのに!)のパーフェクトエディションなるやつが出回っておりました。
 発売後にリリースされたDLC(リバティやらクルマやら)を全部含んだバージョンで、お値段なんと驚きの7,776円也!
 いやいや、お得とは言え、ほぼフルプライスかい!
 で、速攻海外アカに切り替えて確認。オリジナル版$29.99。で、2016年5月にリリースされているComplete Editionが$39.99
 これだから日本のパブリッシャーは・・・売れもしないのに無駄に強気。

 そんな国内版はアウト・オブ・眼中で、迷わず海外版をDLしましたよ。
 で小一時間ほどの本編ダウンロードと細々したDLC20本以上を落として、いざ起動!!
 あれ?最初から?前のセーブデータ読んでくんない?
 まさかの別ゲー扱い?でもトロフィーは継続・・・なんという仕様ですか(笑)
 でもまあ、リハビリの意味も含めて甘んじて受け入れましょう。

 うわ、やべ!カートがムズい・・・
 オレ、相当運転ラフになってるな(そもそもそんな上手くないんだけどね)
 で、どうにかこうにかクリオカップまで進めて昨日は就寝。
 このゲームって、マシンセッティングはもちろんのこと、プレイ視点の視野とか目線の高さとかすんごく細かく設定できるんですわ。
 メディア版のときにだいぶ詰めたんだけど、すっかり忘れたんで、一度メディア版使って設定メモんなきゃね。

 でも、やっぱりこのゲームはスゲーな。緊張感とか臨場感とかがたまらない。コントローラーから聞こえる無線もいい感じだ。
 ガチガチ仕様万歳!!

Category | GAMES PQRST::PROJECT CARS |
CMT/TB | comments (0) | trackback (x) |
まさかの「DiRT4」発表!


 一年落ちの「DiRT RALLY」を始めたと思ったら、いきなり「DiRT 4」の発表!
 「DiRT」シリーズと言えばレースゲームの老舗であるイギリスのCodeMastersを代表するナンバリングタイトルで、「GRiD」シリーズと並ぶツートップの人気タイトルだ。
 当初はオンロード系の「GRiD」とオフロード系の「DiRT」を交互にリリースるスケジュールだったが、いつしかその開発労力は「DiRT」寄りになってきたようだ(個人的には「GRiD 2」の失敗が始まりだと認識)。
 ちょっと歴史を辿ってみよう。
1.DiRT  2007.06 海外版のみで割とリアル
2.GRiD  2008.06 グラツー別方向で楽しめた
3.DiRT 2 2009.02 カジュアル寄せで敷居下げ成功
4.DiRT 3 2011.05 さらに洗練
5.DiRT Show Down 2012.06 スピンオフ的な
6.GRiD 2 2013.04 5年ぶりの失敗作(個人的には)
7.GRiD AutoSport 2014.07 原点回帰したけど・・
8.DiRT RALLY 2016.04 海外版のみでガチのラリー
9.DiRT 4 2017.06 楽しみだねえ。

 というわけで、日本法人がいないコドマスの期待作だけど、ローカライズするパブリッシャーはいるのか??
 まあ、オジさんは迷わず一足先に海外版を買いますけどね(笑)


Category | GAMES ABCDE::DiRT 4 |
CMT/TB | comments (2) | trackback (x) |
久しぶりの「DiRT」は、あの「DiRT」じゃなかった

 久しぶりにレースゲームのファーストインプレをするかな。
 あれよあれよで、バンジー発「DESTINY」も3年目・・・こんなに長いこと遊べてるゲームは過去にもこの先も多分無いだろうね。
 といいつつ、昔ほどではないがチョイチョイ他ゲーを挟み込んでいるわけで、PS4とXboxOneとを行き来している状況(いい年こいてオヤジゲーマー全開ですわ)
 ただ、前述の通り前ほどアクティブに複数ゲーを手あたり次第並行プレイするのはさすがに無理! なので、ここ数年は、出来るだけ厳選して買うように心がけている(あくまで心がけの問題)
 さて、前置きはこれぐらいにして、本題。
 一時、日本法人とかいう店を広げてあっという間に消えてなくなったコードマスターズの本家であるイギリスの「CodeMasters」からリリースされた「DiRT RALLY」だ。
 「DiRT」と言えば「GRiD」と交互にリリースしているコドマスを代表する2大シリーズの一つだ。
 最初の「DiRT」は海外版のみ(なかなかストイックなので国内で出しても売れなかっただろうね)だったが、続く「DiRT2」「DiRT3」そしてスピンオフ的な「DiRT Showdown」はそのゲーム性とカジュアルな操作性にシフトしたことで国内でもそこそこ人気のゲームになったと記憶している。
 さて、今作の「DiRT RALLY」。実は2016年4月にリリースされていてもうすぐ1年になるっちゅうゲーム。全然新作じゃないのだ。
 そんなゲームをなんでいまさらファーストインプレするかって言えばねー・・・。
 
▽続きを読む▽

Category | GAMES ABCDE::DiRT RALLY |
CMT/TB | comments (3) | trackback (x) |
アイアンギャラルを手に入れろ!

 
 予告通り、PSストアで「鉄の章」デジタル単体版の先行購入がスタートしました。
 価格は私の予想より僅かに安い2,900円(税抜)でした。
 この単体版は「DESTINY本編」「地下の暗黒DLC」「ハウスオブウルブスDLC」「降り立ちし邪神DLC」をすべて持っているユーザー用です。

Category | GAMES ABCDE::DESTINY |
CMT/TB | comments (0) | trackback (x) |
日本名「鉄の章」
※国内予約は7/13からに変更なっています

 
 予告通り6/10AM2:00(JST)からバンジースタッフ3人によるDESTINY新コンテンツ発表生Twitchの放送がありました
 約40分間の放送では、トレーラーやクリップを交えながら3人が談笑するという形式
 当然ながら終始英会話なので、とろきちが理解できたであろう20%程度の内容をざっと箇条書きで。(ほぼ既出情報だけどね)

●新しいキャンペーン
●新しい場所(雪山っぽい場所、神殿っぽい場所などで地球のどこかだと思われる)
●新しいCo-oP(レイド、ストライク、公開イベント)
●新しいクルーシブル(マップ、モード、フィーチャー)
●新装備、新武器
 ショルダーズハンマーというマシンガンは確認
●サラディン卿がウルブズを従えて炎のアックスを振っていた(何だろう?)
●新しいフォールン?(足の先が棒状のドレッグ?雪だから足冷たい?竹馬?バランス悪そう)
●レイド実装確定!(舞台は地球、Howで作っていたものを完成させたのか?)
●ギャラルホルンが復活!(但し、予約特典として貰えるらしく、アイアンブラックギャラルホルンと言っていた)
 おそらく1年目ほどのインパクトは無いものと推測
 クエストの報酬としても全員がもらえるようです。予約特典はブラック仕様とのこと
●配信日は2016.9/20(国内は未定)
 予想通り3年目突入直後に持ってきた
●価格は3,200~3,500(税抜)と、とろきちは予想します
 海外では既に予約受付中で、$29.99
●国内の予約は6/17から7/13から

※その他、キャラクターレベルと光レベル値については触れられていません
※2年目→3年目の条件達成報酬などの情報もありません
 おそらくはこれからジワジワ出てくるものと思われます
 まだ3か月以上ありますからね!さてさてどんなコンテンツになりますやら・・・楽しみですね(^^♪

 これが最後のDLCでホリデーシーズンにはDESTINY2が出るとかね。想像は膨らみます。

Category | GAMES ABCDE::DESTINY |
CMT/TB | comments (0) | trackback (x) |




※ココの上に記事が表示されないときはURLが無効です。

↑ PAGE TOP ↑



Banner of this site.


Favolites torokichiのレビューリスト

 リンク
 管理人について
 RSSフィード
 
 







フィードメーター - To Be Determined.